防長教育会の奨学規程

公益財団法人 防長教育会奨学規程

第1条 本会の奨学生たるに必要な資格は、山口県内に居住する高等学校卒業生のうち、心身共に健全で学業成績が優秀であり、かつ、大学へ進学のために奨学金の支援を必要とする者とする。
第2条 奨学金の貸与を希望する者は、次の書類を取り揃えて、本会に願い出るものとする。
(1)奨学生願書 (2)履歴書  (2)調査書  (4)高等学校長の推薦書
第3条 奨学生の選考は理事長の委嘱する選考委員会の選考を経たうえ、理事会が決定する。
第4条 奨学金は月額5万5千円とし、毎月交付する。但し、2ヶ月以上を合わせて交付することがある。
第5条 奨学金の交付期間は、原則として学士課程の4年間とする。但し、理事会の承認を得て、修士課程の2年間、博士課程の3年間を交付することがある。
第6条 奨学生に選定された者は、父兄その他を連帯保証人とした誓約書を提出しなければならない。
2. 奨学生本人が返済に応じない場合及び本人に請求が困難な場合には、連帯保証人に対し返済を求めるものとする。
第7条~第10条  略
第11条 貸与を受けた奨学金は、次の基準により返済するものとする。
(1) 奨学生がその在学する大学若しくは大学院を卒業した月から起算して、6か月間据え置く。
(2) 措置期間終了後、学部卒業生は10年、修士課程卒業者は12年、博士課程卒業者は15年の期間内に返済を完了するものとする。但し、各月の返済金額は均等月賦とする。もし貸与した奨学金総額と差額が生じたときは、完済月で調整する。
(3) 上記の規程にかかわらず。数カ月分または数年分を繰上げて返済し、または残額を一括して返済することが出来る。
以下、第12条~第17条  略