事業計画と業務報告

事業計画

<令和元年度事業計画>

令和元年度の防長教育会の事業計画が、平成31年3月24日に山口市で開催された理事会で、以下のとおり決定されました。

  1. 当年度の奨学生の採用数として、大学生12名程度、大学院生2名を予定する。
     
  2. 奨学金の貸与並びに回収を、次のとおりに予定する。
    貸与総額 奨学生52名(大学生48名、大学院生4名)に対し、
    年間総額34,320千円
    回収総額 83名より20,423千円
    期末残高 期末の奨学金貸与残高は、250百万円を見込む
     
  3. 奨学生の定例懇談会を、役員等参加のもと、東京は年7回、山口は年10回開催し、奨学生を指導すると共に、奨学生間の交流を深める。
     
  4. 「奨学生を励ます防長教育会同窓会」(第13回)を11月9日(土)に日本工業倶楽部で開催する。
     
  5. 「防長教育会たより」を年2回各1千部発行し、関係先に配布する。
     
  6. 第10回首都圏大学見学会を、山口県内の県立高等学校長より推薦の高校2・3年生20名程度を対象に開催する。
     
  7. 海外研修費助成制度の発足に伴い、本年度は海外研修を希望する奨学生10名程度に、一人10万円を限度に給付することとし、予算100万円を見込む。
     
  8. 資産運用については「資産管理運用規程」に基づき、本年度も慎重かつ機動的に実施する。
     
  9. 基金拡充のための寄付金活動を引き続き実施する。

▲ページトップへ

業務報告

平素は当会の事業にご懇篤なる激励とご協力を賜り、まことに有難うございます。今年で百三十五年周年を迎える当会の近況を、以下にご報告申し上げます。

先ずこの春には、奨学生十一名がめでたく就職、三名が大学院へ進学し、新たに十二名の奨学生を採用しました。奨学生総数は現在五十一名で、内訳は東大十三名、山大九名、早大五名、東工大四名、慶大・お茶の水各三名、一橋大・筑波大・中大各二名、その他八名です。いずれも山口県内の高等学校長にご推薦頂いた前途洋々たる逸材ばかりです。

当会の奨学制度は、月額五万五千円の貸与に加えて、伝統に従い定例会での卓話などを通じ奨学生の人格陶冶を指導しています。今年度も東京で七回、山口で十回の定例会開催を予定していまが、奨学生の出席率は実に高く、役員も毎回殆どの方が奉仕の心で出席し、熱心に指導に当たっておられます。

また毎年秋には「奨学生を励ます同窓会」を開いております。今年は十一月九日(土)正午から、丸の内の日本工業倶楽部で開催いたします。多くの先輩が参加され、旧交を温め合い、現役奨学生を暖かく励まして頂ければ嬉しく存じます。

次に第十回の「首都圏大学見学会」は、今年も八月一日から二泊三日の日程で、所要経費約二百四十万円を当会負担の下に行いました。この見学会には、校長ご推薦の高校生二十名を招待し、志望する大学へ当会の奨学生が引率しました。難関突破への生徒諸君の志気は大いに高揚し、成果は着実に上がっています。因みに今年採用した首都圏内大学の奨学生九人のうちの六名は、この見学会に参加した生徒達でした。

また昨年度から、奨学生の海外研修を奨励するため、在学中に十万円を限度に研修費の一部を給付する制度を始めました。既に四人に各十万円を給付しております。

次に当会の平成三十年度の会計報告を申しあげます。

支出総額は、前年度比四十万円増の約一千六百六十万円でした。一方、収入のうち寄付金は、元奨学生田中大介氏からの一千万円はじめ七十五名の方々から、約一千百十万円のご芳志が寄せられました。厚く御礼を申し上げます。

また資産運用益は、総資産約八億八千万円から、奨学生貸与金約二億四千万円と手元資金約二千万円を除いた約六億二千万円を慎重かつ機敏に運用し、約二千百十万円の運用益を計上することができました。この結果、約一千五百六十万円の収支差額が出ましたので、この余剰金のうち一千三百万円は、奨学金貸与準備金に繰り入れることといたしました。

本年六月に開催の評議員会で、理事四名が再任され、また当会に永年貢献され昨年十一月に逝去された井上 洋氏の後任として、山口県教育会会長の倉増誠彦氏が選任されました。

激変し波乱含みの国際社会の中で、日本が王道を歩んで力強く発展し続けるためには、可塑性に富む若者の卓越した力を、是非とも必要といたします。当会は日本の各界で大きく貢献し得る逸材の育成支援に、今後とも引き続き尽力して参ります。

関係各位の一層のご鞭撻を、心よりお願い申しあげます。

▲ページトップへ

防長教育会の経営体制

<令和元年六月八日現在>

次の方々が、当会の経営の任にあたっています。(就任年月順)

理事長 野村邦武(代表理事)
常務理事 坂本央人(代表理事)
理事 岡田 茂 佐藤俊道 田中基介 小田村初男
秋草史幸 田邉恒美
監事 梅田圭良 野村 昇
評議員 國安正昭 渡邊 坦 川本紘三 児玉 紘
毛利元栄 沖浦初孝 貞末俊裕 八木重二郎
正木省三 原 義孝 藤井正幸 久保祐治
白石茂治 川野あきら 中本千晶 首藤裕司
山本麻里 二井関成 岸 信夫 倉増誠彦
相談役 高村正彦 村岡嗣政 浅原 司
名誉会員 毛利元敬 田中耕三
事務局 事務局長 梅野博和 局長補佐 栗山孝子
山口事務所長 斎藤尚之

▲ページトップへ